kurasitoyume

記事一覧(1401)

ボビーZ(映画)

 『ボビーZ』(原題: The Death and Life of Bobby Z)は、2007年にアメリカで公開されたアクション映画。ドン・ウィンズロウの小説『ボビーZの気怠く優雅な人生』(原題は同じくThe Death and Life of Bobby Z)を原作にしている。ストーリーティム・カーニーはコンビニに行った友人を車で待っていた。コンビニから友人が戻ってきたが、なんと友人はコンビニ強盗をしていたのだった。ティム・カーニーは強盗の共犯として逮捕され、矯正プログラムとして海兵隊に入れられる。ところが、理不尽な上官に暴力を振るってしまい、今度は刑務所に入れられてしまう。さらに、刑務所で暴走族ギャングのいじめに挑戦しそのリーダーを殺害してしまう。これにより、暴走族ギャングからの報復に怯えなけらばならなくなったと同時に、三振法(三回有罪となると無期懲役となるという法律)で無期懲役となってしまった。そんな彼の前に麻薬取締局のクルーズ捜査官が現れ、囮捜査に協力すれば罪を帳消しにするという驚きの提案を持ちかける。監督ジョン・ハーツフェルド 脚本ボブ・クラコワー アレン・ローレンス 原作ドン・ウィンズロウ キャスト役名  俳優  日本語吹替ティム・カーニー ポール・ウォーカー 森川智之 タッド・クルーズ ローレンス・フィッシュバーン 石塚運昇 ボビーZ ジェイソン・ルイス 藤井啓輔 エリザベス オリヴィア・ワイルド 佐古真弓 ジョンソン キース・キャラダイン 浦山迅 ブライアン ジェイソン・フレミング ドン・ワテロ ジョアキム・デ・アルメイダ 有本欽隆 キット J・R・ビリャレアル 相田さやか モンク ジョシュ・スチュワート 加瀬康之 ブンブン M・C・ゲイニー 斎藤志郎 マッドドッグ チャック・リデル 江川央生

ストレンジャー・コール(映画)

 『ストレンジャー・コール』(原題:When a Stranger Calls)は、2006年制作のアメリカ合衆国のサスペンス・ホラー映画。1979年制作の映画『夕暮れにベルが鳴る』(When a Stranger Calls (1979 film) 監督:フレッド・ウォルトン、主演:キャロル・ケイン)のリメイク。アメリカでは非常に有名な都市伝説“The Babysitter and the Man Upstairs”がモチーフとなっている。あらすじ女子高生のジルは、ロサンゼルス近郊の丘の上に建つ医師の邸宅でベビーシッターのアルバイトに就く。医師夫婦の外出後、ジルは既に寝ている2人の子供のお守りをしてくつろいでいると、1本の電話がかかってきた。「子供たちの様子を見てみろ」という内容のものだった。初めは友人のいたずらと思い、取り合わなかったジルであったが、電話は定期的に何度も繰り返してかかってくるようになり、恐怖心を覚えたジルは逆探知をしてもらったところ、その電話はなんとジルと子供たちがいる邸宅の中からかかってきていた。この邸宅の中に何者かが潜んでいるのだ…。監督サイモン・ウェスト 脚本ジェイク・ウェイド・ウォール 原作スティーヴ・フィークフレッド・ウォルトン(オリジナル脚本) キャスト役名  俳優  日本語吹替ジル・ジョンソン カミーラ・ベル 弓場沙織 ストレンジャー トミー・フラナガン 青山穣 ティファニー ケイティ・キャシディ 田中晶子 スカーレット テッサ・トンプソン 赤池裕美子 ボビー ブライアン・ジェラティ 中川慶一 ベン・ジョンソン(ジルの父) クラーク・グレッグ 白熊寛嗣 Dr.マンドラキス デレク・デ・リント 仲野裕 ケリー・マンドラキス ケイト・ジェニングス・グラント 佐藤しのぶ バローズ巡査 デヴィッド・デンマン 髙階俊嗣 ハインズ刑事 スティーヴ・イースティン 木村雅史

空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎

 『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』(くうかい うつくしきおうひのなぞ、原題:妖猫传、英題:Legend of the Demon Cat)は、2017年制作の日中合作映画。留学のため唐に渡った若き日の空海が、詩人・白楽天とともに唐の都長安を揺るがす巨大な謎に迫る姿を描いた歴史スペクタクル大作。夢枕獏の小説『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』をチェン・カイコー監督が映画化。第30回東京国際映画祭にて、東京国際映画祭第30回記念のオープニングスペシャル作品として上映された。あらすじ遣唐使として唐へ渡った沙門空海は、時の権力者の不可解な死と長安の役人の家に起こる怪事件に立ち会うことになる。それらの事件には1匹の黒猫が関係しているのではないかと空海は疑い、白楽天と力を合わせて事件の謎を探る。監督チェン・カイコー 脚本チェン・カイコーワン・フイリン 原作夢枕獏 『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』 キャスト※()は日本語吹替。空海:染谷将太白楽天:ホアン・シュアン(中国語版)(高橋一生)安倍仲麻呂:阿部寛楊貴妃:チャン・ロンロン(中国語版)(吉田羊)白玲:松坂慶子大師:火野正平玄宗皇帝:チャン・ルーイー(中国語版)(イッセー尾形)李白:シン・バイチン(中国語版)(六角精児)高力士:ティアン・ユー(金田明夫)陳雲樵:チン・ハオ春琴:キティ・チャン(沢城みゆき)玉蓮:チャン・ティエンアイ(花澤香菜)白龍:リウ・ハオラン(東出昌大)丹龍:オウ・ハオ(中国語版)(寛一郎)麗香:シャー・ナン黄鶴:リウ・ペイチー(中国語版)(不破万作)瓜翁:チェン・タイシェン(山寺宏一)安禄山:ワン・デイ妖猫(六平直政)牡丹(早見沙織)

グレイテスト・ショーマン(映画)

 『グレイテスト・ショーマン』(原題: The Greatest Showman)は、2017年にアメリカ合衆国で製作されたドラマ・伝記・ミュージカル映画。主演はヒュー・ジャックマン、マイケル・グレイシー(英語版)初監督作品。概要19世紀に活躍した興行師、P・T・バーナムの成功を描くミュージカル映画。P・T・バーナムをヒュー・ジャックマンが、パートナーのフィリップをザック・エフロンが演じる。音楽を手がけるのは、『ラ・ラ・ランド』で歌曲賞を受賞したベンジ・パセック&ジャスティン・ポールのコンビ。この作品の題名「The Greatest Showman」はバーナムが上演した「The Greatest Show on Earth」からとったもの。ちなみに、20世紀フォックスの前身である20世紀ピクチャーズは、1934年に「The Mighty Barnum」の題で一度バーナムの伝記映画を制作している。ストーリー小さいころから貧しくも夢想家のバーナムは、良家の令嬢チャリティと結婚。ニューヨークでつましい暮らしを始めて娘たちも生まれるが、バーナムが勤める会社はあえなく倒産。しかしアイディアマンの彼は銀行から怪しい手筈で資金を借り、世界中のあらゆる奇妙なものを展示した「バーナム博物館」をオープンさせる。だが客足はかんばしくなかった。そんなとき、彼は娘のある一言をきっかけにショービジネスの道へと進む。監督マイケル・グレイシー(英語版) 脚本ジェニー・ビックス(英語版)ビル・コンドン 原案ジェニー・ビックス キャストP・T・バーナム - ヒュー・ジャックマンフィリップ・カーライル - ザック・エフロンチャリティ・バーナム - ミシェル・ウィリアムズジェニー・リンド - レベッカ・ファーガソン、ローレン・アレッド(歌部分[2])アン・ウィーラー - ゼンデイヤレティ・ルッツ - キアラ・セトル(英語版)ゼネラル・トム・サム(英語版) - サム・ハンフリー(英語版)W・D・ウィーラー - ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世(英語版)キャロライン・バーナム - オースティン・ジョンソンヘレン・バーナム - キャメロン・シェリージェームズ・ゴードン・ベネット(英語版) - ポール・スパークス(英語版)コンスタンティン王子(タトゥー男) - シャノン・ホルツァプフェルチャン - 小森悠冊エン - ダニアル・ソンフランク・レンティーニ - ジョナサン・レダヴィドヴィクトリア女王 - ゲイル・ランキン(英語版)

サブウェイ123 激突(映画)

 『サブウェイ123 激突』(サブウェイひゃくにじゅうさん げきとつ、原題: The Taking of Pelham 1 2 3)は、2009年のアメリカ映画。ジョン・ゴーディの小説『サブウェイ・パニック』を原作としており、1974年版、1998年版に続いて3回目の映画化となる。あらすじニューヨーク地下鉄の普通列車「ペラム123号」が緊急停止し、先頭車両だけが切り離された。運行司令室で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)が列車に無線連絡すると、応答したライダー(ジョン・トラボルタ)が先頭車両のハイジャックを宣言した。車両の乗客19人を人質に、1時間で1,000万ドルを用意するよう要求するライダーの一味。ライダーはガーバーを交渉係に指名したが、警察が拒否すると運転士を射殺した。人質の射殺を遅らせるために、無線で必死にライダーと会話するガーバー。監督トニー・スコット 脚本ブライアン・ヘルゲランドデヴィッド・コープ(ノンクレジット) 原作ジョン・ゴーディ『サブウェイ・パニック』 キャスト役名  俳優 日本語吹替 備考ウォルター・ガーバー デンゼル・ワシントン 石塚運昇 運行指令官 ライダー ジョン・トラボルタ 山路和弘 主犯格 カモネッティ警部補 ジョン・タトゥーロ 諸角憲一 NY市警、交渉人 フィル・レイモス ルイス・ガスマン 後藤哲夫 犯行一味、元運転手 ジョン・ジョンソン マイケル・リスポリ 天田益男 市長 ジェームズ・ガンドルフィーニ 池田勝

撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的(映画)

 『撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的』(げきてつ GEKITETZ ワルシャワのひょうてき、原題: The Foreigner)は、2002年のアメリカ映画。ポーランド、ワルシャワ。ある運び屋が、奪われた荷物の行方を追うアメリカ大使館のオリファントらに捕えられ拷問を受けていた。フランス、パリ。雇われ諜報員のジョナサン・コールドは、エージェントのマルケの依頼で、ある荷物をドイツまで運ぶ任務に就く。相棒として同行したデュノワとともに荷物の受け取り場所の農場へと向かうジョナサンだったが、そこで彼は何者かの襲撃を受けてしまう。それでも荷物を持ち脱出に成功した彼は、マルケにデュノワの裏切りを示唆するメモを渡すと任務遂行へ向け旅立つのだったが…。 監督マイケル・オブロウィッツ 脚本ダーレン・キャンベル キャスト[編集]※()は日本語吹き替えジョナサン・コールド - スティーヴン・セガール(大塚明夫)デュノワ - マックス・ライアン(木下浩之)メレディス - アンナ=ルイーズ・プロウマン(坪井木の実)ヴァン・エイカン - ハリー・ヴァン・ゴーカム(寺杣昌紀)ショーン・コールド - ジェフリー・ピアース(室園丈裕)オリファント - ゲイリー・レイモンド(上田敏也)マルケ - フィリップ・ダンバー(佐々木勝彦)クラリッサ - イザベラ・オクラサ(浅井清己)ミムズ - シャーマン・オーガスタス(楠大典)刺客 - デオビア・オパレイ(江川央生)

ミッシング ID(映画)

『ミッシング ID』(原題: Abduction)は、ジョン・シングルトン監督による2011年のアメリカ合衆国のアクション・サスペンス映画である。出演はテイラー・ロートナー、リリー・コリンズ、シガニー・ウィーバー、マリア・ベロ、ジェイソン・アイザックス、ミカエル・ニクヴィスト、アルフレッド・モリーナである。ライオンズゲート配給で2011年9月23日に公開された。あらすじ不良高校生、ネイサン(テイラー)は、同じ内容の夢に悩まされていた。ある日、学校で出された宿題のために、カレン(リリー)とパソコンをいじっていた彼は、誘拐されたまま消息を断った子どもたちの情報サイトに載せられた1枚の写真が幼いころの自分であることに気づく。監督ジョン・シングルトン 脚本ショーン・クリステンセン キャスト※括弧内は日本語吹替ネイサン・ハーパー - テイラー・ロートナー(細谷佳正)カレン・マーフィー - リリー・コリンズ(木下紗華)フランク・バートン - アルフレッド・モリーナ(石住昭彦)ケビン・ハーパー - ジェイソン・アイザックス(滝知史)マーラ・ハーパー - マリア・ベロジェラルディン “ジェリ”・ベネット博士 - シガニー・ウィーバー(藤生聖子)ニコラ・コズロフ - ミカエル・ニクヴィスト(高宮俊介)マーティン・プライス - ダーモット・マローニーローナ・プライス - エリザベス・ロームサンドラ・バーンズ - アントニーク・スミスギリー - デンゼル・ウィテカー

ノイズ (1999年の映画)

『ノイズ』(The Astronaut's Wife)は、1999年のアメリカ合衆国のSFスリラー映画。ランド・ラヴィッチ(英語版)が監督をつとめ、ジョニー・デップやシャーリーズ・セロンが出演した。音楽はジョージ・S・クリントン(英語版)が作曲を手がけた。1999年、シッチェス・カタロニア国際映画祭の最優秀映画賞にノミネートされた。ストーリーNASAの宇宙飛行士であるスペンサー・アーマコスト(ジョニー・デップ)は同僚のアレック・ストレックとともに宇宙で作業を行っていた際、何らかの爆発に巻き込まれ、2分間通信が途絶えたが、彼らは無事に帰還した。しかし、事故のことについては妻の前でも一切語らなかった。事故から少したった後、ストレックが脳卒中のため死亡。彼の喪があけないうちに、彼の妻ナタリーがAC電源のラジオにシャワーを浴びせている風呂場で座って自殺を図った。監督ランド・ラヴィッチ(英語版) 脚本ランド・ラヴィッチ キャスト役名  俳優スペンサー・アーマコスト   ジョニー・デップ ジリアン・アーマコスト   シャーリーズ・セロン シャーマン・リース   ジョー・モートン ナン   クレア・デュヴァル ナタリー・ストレック   ドナ・マーフィー  アレックス・ストレック大佐   ニック・カサヴェテス ドクター・パドラバ   サマンサ・エッガー

刑事ニコ/法の死角

『刑事ニコ/法の死角』(けいじにこ・ほうのしかく、Above the Law)は1988年のアメリカ合衆国の映画。スティーヴン・セガールの初主演作で、のちに合気道を使ったアクションがヒットする。セガールはデビュー作ながらプロデューサーにも名を連ねており、『エイリアン』の脚本家、ロナルド・シャセットも参加している。あらすじ7歳の頃に家庭の事情で日本に渡り、特に感銘を受けた合気道の武者修行に打ち込んでいた青年、ニコ・トスカーニは、中央情報局(CIA)エージェントのネルソン・フォックスにスカウトされ、特殊工作員としてヴェトナムに渡ったが、現地で行われる残虐な拷問を見て嫌気をさし、拷問を楽しむ同僚のゼーガンを殴り倒した末、CIAを退職する。心に傷を抱えてアメリカへ帰国したニコは、その後、犯罪都市シカゴで辣腕をもって鳴る刑事になっていた。行方不明の従兄妹を探すうちに大きな事件にぶつかることになる。精肉工場での麻薬取引現場に張り込んでいたニコは激しい銃撃戦の末、密売人たちを逮捕する。ところが押収物は麻薬のはずが、プラスチック爆薬のC4であった。しかも、逮捕したはずの密売人の主要人物2人が、証人保護プログラム適用者だと主張するFBIによって釈放されてしまう。憤慨したニコは相棒の女刑事ジャクソンらと共に引き続きこの捜査にあたるのだった。監督アンドリュー・デイヴィス 脚本アンドリュー・デイヴィス スティーヴン・プレスフィールド ロナルド・シャセット 原案アンドリュー・デイヴィス スティーヴン・セガール キャスト役名  俳優ニコ・トスカーニ スティーヴン・セガールデロリス・ジャクソン パム・グリア 一サラ・トスカーニ シャロン・ストーンカート・ゼーガン ヘンリー・シルヴァ トニー・サルバノ ダニエル・フェラルド ニーリーFBI特別捜査官 ニコラス・クセンコ  ネルソン・フォックス チェルシー・ロス スキーフ(CIAのバーテンダー) ロニー・バロン  ルーク(ニコの同僚) ロン・ディーン